前へ
次へ

勤務地に等が付いているときは注意する

全国どこででも働ける状態であれば、勤務地にこだわる必要はないでしょう。
一方事情があって今住んでいるところから引越しするのが難しい時は、何とか今の住所から通勤できるところで働く必要があります。
求人情報を見るときには勤務地がどうなっているかも重要と言えるでしょう。
個人運営だとあまり手広く行っていないでしょうから、求人情報の住所が勤務地になる可能性が高いです。
コンビニなどは個人運営なのでその住所での勤務になります。
一方大手会社などは全国的に支店や支社や工場があるので、本社が出している求人情報だと勤務地が複数書かれているときもあります。
応募する人に取って困るのは勤務地に等が書かれているときでしょう。
募集している勤務地が多いときもありますが、事情によってかけないときなどにも等を使うことがあります。
採用後に等に該当するところでの勤務を言われるときもあるので、勤務地の希望があるときはきちんと伝えないといけません。

Page Top